文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)
「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」​

領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間:令和元年~5年度​

研究項目 A03

機能開拓班​

A03-1 計画研究

水圏機能材料の電子・イオン機能開拓

研究代表者

田中 求

京都大学・高等研究院・特任教授
ハイデルベルグ大学・物理化学研究所・教授

​化学物理

融合電子材料
人工細胞膜

研究分担者

中畑 雅樹

大阪大学・大学院基礎工学研究科・助教

生物着想材料

分子認識材料の合成

水圏機能材料の電子・イオン機能、バイオ・環境機能、メカノ機能の開拓

A03-2 計画研究

水圏機能材料のバイオ・環境機能開拓

研究代表者

田中 賢

九州大学・先導物質化学研究所・教授

バイオマテリアル

細胞・タンパク質・バイオ界面の設計と制御

研究分担者

藤井 義久

三重大学・大学院工学研究科・准教授

プローブ顕微鏡

水和界面の構造解析と制御

A03-3 計画研究

水圏機能材料のメカノ機能開拓

研究代表者

髙島 義徳

大阪大学・高等共創研究院・理学研究科・教授

超分子材料化学

分子接着・超分子

水環境合成

研究分担者

松葉 豪

山形大学・大学院有機材料システム研究科・教授

高分子界面物性

高分子材料

構造制御・物性

<  研究協力者  >

「水圏機能材料の電子・イオン機能開拓」

山本 暁久

京都大学・高等研究院・助教

ソフトマター物理

小川 毅彦

横浜市立大学・生命医科学 ・教授

生命医科学

 

小林 慎吾

九州大学・先導物質化学研究所 ・特任准教授

高分子合成化学

「水圏機能材料のバイオ・環境機能開拓」

公募研究
レシオ型の蛍光変化を示す超分子メカノフォアの創製と水圏機能材料への応用

研究代表者

相良 剛光

東京工業大学・物質理工学院材料系・准教授

Web 

公募研究
氷表面の化学的機能を利用した氷マイクロフルイディクスの分離計測化学への展開

研究代表者

稲川 有徳    

宇都宮大学・工学部・助教     

Web 

公募研究

一軸配向多糖膜を用いた水蒸気駆動型エネルギー変換素子の設計

研究代表者

桶葭 興資    

北陸先端科学技術大学院大学・准教授   

Web 

公募研究
タンパク質による水分子の配位状態制御

研究代表者

竹田 一旗    

京都大学・理学系・准教授    

Web 

公募研究
側鎖のカルボキシ基の高密度化による高分子表面の着氷特性および不凍効果への影響

研究代表者

松本 拓也    

神戸大学・工学系研・助教    

Web 

公募研究
チタン/生体組織相互作用における水和相の役割理解と応用

研究代表者

松本 卓也    

岡山大学・医歯薬・教授    

Web 

公募研究
サブナノ多孔膜における気相~液相系水分子の透過性評価と高機能化

研究代表者

都留 稔了    

広島大学・工学系研・教授    

Web 

公募研究
血中滞留性・温度応答性を示すデンドリマーの水和挙動と機能との相関

研究代表者

児島 千恵    

大阪府立大学・工学系研・准教授    

Web 

公募研究
生体分子・細胞との相互作用を制御する革新的水圏機能材料の創製

研究代表者

長瀬 健一    

慶應義塾大学・薬学部・准教授    

Web 

公募研究
水圏材料の励起状態制御

研究代表者

羽會部 卓    

慶應義塾大学・理工学部・教授

Web 

公募研究
エントロピー抑制による動的分子結合能を有するスマート水圏機能材料の設計

研究代表者

宮田 隆志    

関西大学・化学生命工学部・教授    

Web 

公募研究
98%以上が水からなるフォトニック高分子ゲルの開発と機能開拓

研究代表者

楽 優鳳    

産総研・研究員    

Web 

公募研究
水圏環境下でイオン・分子認識機能を発現するグラフェン機能材料の開拓

研究代表者

上野 祐子    

中央大学・教授

お問い合わせ

水圏機能材料総括班 

〒113-8656  東京都文京区本郷7-3-1    東京大学大学院工学系研究科 加藤隆史研究室内 

Email:office@aquatic-functional-materials.org

© 2019 新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」(領域略称:水圏機能材料)

領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間:令和元年~5年度​

mext_logo.jpg
whiteKAKENHIlogoM_jp.jpg