文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)
「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」​

領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間:令和元年~5年度​

受賞・昇進

研究代表者・分担者の受賞
 

 

 2020年度 

武田洋平(A01計画研究・研究分担者,大阪大学),第9回新化学技術研究奨励賞, 新化学技術推進協会(JACI),2020年10月14日,「希少金属を用いない室温リン光有機発光材料の創製」

南豪(A01 公募研究・研究代表者,東京大学),第20回光化学協会奨励賞,光化学協会,2020年9月 10日,「ホストーゲスト相互作用に基づく超分子センサーの開発と光学アレイチップへの応用」

河野慎一郎 (A01公募研究・研究代表者, 名古屋大学),日本液晶学会論文賞A部門,一般社団法人日本液晶学会,2020年9月19日,「“Columnar Liquid Crystals from a Giant Macrocycle Mesogen” Angewandte Chemie International Edition, 57, 167 (2018).」

武田洋平(A01計画研究・研究分担者,大阪大学),第16回野副記念奨励賞, 基礎有機化学会,2020年8月17日,「含窒素π共役骨格の新構築法を基盤とする多彩な光機能分子の創製」

原野幸治(A01公募研究・研究代表者,東京大学),第16回野副記念奨励賞,基礎有機化学会,2020年8月17日,「電子顕微鏡を用いた有機分子およびその集合体の動的過程の研究」

宮田隆志(A03公募研究・研究代表者,関西大学),繊維学会賞,一般社団法人繊維学会,2020年6月10日,「分子応答性ゲルの設計と応答挙動に関する研究」

南豪(A01 公募研究・研究代表者,東京大学),SHGSC Japan Award of Excellence 2020,ホスト−ゲスト・超分子化学研究会,2020年6月 6日,「自己組織化単分子膜を活用した有機トランジスタ型化学センサ」

宮田隆志(A03公募研究・研究代表者,関西大学),高分子学会賞,公益社団法人高分子学会,2020年5月28日,「分子間相互作用に基づく高分子膜およびゲルの設計と応用」

南豪(A01 公募研究・研究代表者,東京大学),高分子研究奨励賞,公益社団法人高分子学会,2020年5月 28日,「高分子薄膜トランジスタを活用した化学センサの創製」

南豪(A01 公募研究・研究代表者,東京大学),令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,文部科学省,2020年4月7日,「超分子の分子認識能に基づく化学センサデバイスに関する研究」

武田洋平(A01計画研究・研究分担者,大阪大学),令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,文部科学省,2020年4月7日,「含窒素芳香環の新構築法を起点とする光機能分子の創製研究」

 

 2019年度 

武田洋平(A01計画研究・研究分担者,大阪大学),日本化学会第100回春季年会「若い世代の特別講演会」講演証,公益社団法人日本化学会,2020年3月23日,「Development of Multi-Photofunctional Molecules Based on NovelConstructive Methods for Azaaromatic Compounds」

福島和樹(A01計画研究・研究分担者,東京大学),2019年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞,一般財団法人口腔保健協会内日本バイオマテリアル学会,2019年11月25日,「機能性脂肪族ポリカーボネートの設計と生分解性バイオマテリアルへの展開」

菱田真史(A02計画研究・研究分担者,筑波大学),平成31年度科学奨励賞,公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会,2019年11月7日,「リン脂質二重膜の諸物性に対する疎水性添加物および水和の効果の体系的理解」

加藤隆史(領域代表,A01計画研究・研究代表者,東京大学),日本液晶学会論文賞C部門,一般社団法人日本液晶学会,2019年9月5日,「”Transport of Ions and Electrons in Nanostructured Liquid Crystals” Nature Reviews Materials, 2, 17001 (2017)」

加藤隆史(領域代表,A01計画研究・研究代表者,東京大学),梶山智司(A03計画研究・研究協力者),日本液晶学会論文賞A部門,一般社団法日本液晶学会, 2019年9月5日,「”Stimuli-Responsive Hydroxyapatite Liquid Crystal with Macroscopically Controllable Ordering and Magneto-Optical Functions” Nature Communications, 9, 568 (2018)」

菱田真史(A02計画研究・研究分担者,筑波大学),2019 Stig Sunner Memorial Award,The North American Calorimetry Conference,2019年8月1日,“The research contributions of young scientists to thermodynamics and thermochemistry”

研究代表者・分担者の昇進

 2020年度 

2020年4月1日付で相良剛光,(A03公募研究・研究代表者,東京工業大学)が准教授に昇進しました.

2020年4月1日付で渡辺豪(A02計画研究・研究分担者,北里大学)が講師に昇進しました.

 
研究グループのメンバーの受賞

 

 2019年度 

山岡賢司(A03計画研究・藤井義久グループ 修士2年,三重大学),日本化学会東海支部長賞,公益社団法人日本化学会,2020年3月25日,「水晶振動子マイクロバランスを用いたメチルセルロース水溶液の粘弾性計測」

坂牧広夢,A03計画研究・松葉グループ 修士2年,山形大学学生表彰「優秀学術研究賞」, 山形大学,2020年2月13日,「結晶性フッ素系高分子ブレンドの構造解析に関する研究」

渡邊尚也(A01計画研究・辻勇人グループ 修士1年,神奈川大学),第29回日本MRS年次大会 奨励賞,公益社団法人日本化学会,2020年1月20日,「ジベンゾ縮環した炭素架橋オリゴフェニレンビニレンの合成およびその高い光安定性」

上原広貴(A03-2計画研究・田中賢G 博士1年),優秀ポスター賞,日本バイオマテリアル学会「第9回九州ブロック講演会」,2020年01月10日,「高分子−細胞膜の相互作用に着目した poly(ethylene glycol acrylate) の細胞内在化機構の解明」

渡邉隆甫(A02計画研究・原田慈久グループ 修士2年,東京大学),the 16th Pacific Polymer Conference Best Poster Award, Pacific Polymer Federation, 2019年12月12日,Title: Transport Mechanism of Sub-nanoporous Liquid-Crystalline Membranes Based on the Hydrogen-bonded Structures of Water

細川済弘(A01計画研究・加藤隆史グループ 修士1年、東京大学), the 16th Pacific Polymer Conference Best Poster Award,Pacific Polymer Federation,2019年12月12日,Title: Liquid-Crystalline Inorganic/Organic Nano-Hybrids Obtained through Biomineralization-Inspired Processes

馬場航希(A03-2計画研究・田中賢G 修士1年),ハイライト講演選出,第41回日本バイオマテリアル学会大会,2019年11月24-26日,「生体適合性高分子/フィブロネクチン間の相互作用力と吸着挙動の評価」

瀬上裕斗(A03-2計画研究・田中賢G 修士2年),優秀研究ポスター賞,第41回日本バイオマテリアル学会大会,2019年11月24-26日,「抗血栓性高分子上におけるタンパク質共吸着挙動の検討」

渡邊尚也(A01計画研究・辻勇人グループ 修士1年,神奈川大学),第9回CSJ化学フェスタ 優秀ポスター発表賞,公益社団法人日本化学会,2019年11月20日,「炭素架橋を用いたビス[(ナフタレン-2-イル)ビニル]ベンゼン(BNVB)の立体配座制御」

岡崎恭直(A01計画研究・加藤隆史グループ 修士2年、東京大学),第9回CSJ化学フェスタ2019優秀ポスター発表賞,公益社団法人日本化学会,2019年11月20日,「甲殻類外骨格に倣うセルロースナノ結晶/リン酸カルシウムらせん複合体の機能開発」

山口大輔(A01計画研究・加藤隆史グループ 博士3年、東京大学),第9回CSJ化学フェスタ2019博士オーラル賞,公益社団法人日本化学会,2019年11月20日,「熱刺激により準安定―安定相転移を示す自己組織性ファイバーの開発とその光導電機能」

市川理乃(A01計画研究・加藤隆史グループ 博士1年、東京大学),第9回CSJ化学フェスタ2019最優秀ポスター発表賞(CSJ化学フェスタ賞),公益社団法人日本化学会,2019年11月20日,「リン酸カルシウム複合体薄膜形成における高分子ゲル内のイオン拡散効果」

山岡賢司(A03計画研究・藤井義久グループ 修士2年,三重大学),微小領域の力学特性評価とマルチスケールモデリング2019 優秀ポスター賞,公益社団法人日本金属学会,2019年11月8日,「水晶振動子を用いた界面近傍の粘弾性評価と基板表面性状の効果」

西田慶(A03-2計画研究・田中賢G JSPS特別研究員),Award for Best Poster Presentation,China-Japan Biopolymer Symposium,2019年11月7日,「Effect of Interfacial Poly(2−methoxyethyl acrylate) analogue on cell attachment」

西村慎之介(A03-2計画研究・田中賢G 学術研究員),Award for Best Poster Presentation,China-Japan Biopolymer Symposium,2019年11月7日,「Synthesis of Antithrombotic Silsesquioxane/PMEA Hybrid via Thiol-initiated Radical
Polymerization for Exceeding the Limitation of Coatability and Stability of PMEA Homopolymer」

山口大輔(A01計画研究・加藤隆史グループ 博士3年、東京大学),Federation of Asian Polymer Societies (FAPS) Polymer Congress 2019 Poster Competition Gold Award,Federation of Asian Polymer Societies (FAPS),2019年10月30日,Title: Bistable Photoconductive Self-Assembled Fibers Consisting of p-Conjugated Gelators

丹羽杏奈(A01計画研究・加藤隆史グループ 修士1年、東京大学),第68回高分子討論会優秀ポスター賞, 公益社団法人高分子学会,2019年10月9日,「生体分子誘導体を用いた機能性液晶の開発」

 

お問い合わせ

水圏機能材料総括班 

〒113-8656  東京都文京区本郷7-3-1    東京大学大学院工学系研究科 加藤隆史研究室内 

Email:office@aquatic-functional-materials.org

© 2019 新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」(領域略称:水圏機能材料)

領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間:令和元年~5年度​

mext_logo.jpg
whiteKAKENHIlogoM_jp.jpg