文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)
「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」​

領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間:令和元年~5年度​

ニュース・トピックス

これまでのニュース一覧

 2021年度 

2021年9月3日

原光生(A01公募研究・研究代表者、名古屋大学)の湿度で弾性率が1億倍変化するシリコーン材料に関する成果が、英国科学誌「Scientific Reports」にオンライン掲載されました。名古屋大学(こちら)よりプレスリリースされました。日刊工業新聞電子版(こちら)でも紹介されました

2021年8月28日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第8号が発行になりました。

2021年8月23日

第11回CSJ化学フェスタ2021(公益社団法人日本化学会主催)が2021年10月19日(火)~21日(木)の会期にてオンライン開催されます。本領域では、下記の公開企画を開催致します。

10月20日(水)(午前)・・・「文科省科研費新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」特別企画(1):材料に調和する水を使う・観る(詳しくはこちら

10月21日(木)(午前)・・・「文科省科研費新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」特別企画(2):水との調和により創造される材料機能(詳しくはこちら
 

オンライン聴講に当たりましては参加登録が必要になります。詳しくは、第11回CSJ化学フェスタ2021のホームページの参加登録サイト(詳しくはこちら)をご確認ください(2021年8月2日(月) ~ 2021年9月15日(水)正午)。

2021年8月20日

新学術領域研究 令和4年度公募研究の公募開始について
公募研究(研究期間:令和4―5年度)の公募が開始されました。
公募要領等、詳細は下記文科省HPに掲載しています。奮ってご応募ください。
令和4年度科学研究費助成事業‐科研費‐(学術変革領域研究(A・B)・新学術領域研究・特別研究促進費)の公募について
公募要領、計画調書

2021年8月10日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第7号が発行になりました。

2021年8月4日

2021年7月28日、渡辺豪(A02計画研究・研究分担者、北里大学)、加藤隆史(領域代表、A01計画研究・研究代表者、東京大学)および鷲津仁志(A02計画研究・研究代表者、兵庫県立大学)の水処理膜の分子シミュレーションに関する共同研究の成果が、アメリカ科学振興協会(AAAS)の国際学術誌「Science Advances」にオンライン掲載され,表紙になりました。兵庫県立大学(こちら)、兵庫県教育委員会(こちら)、大阪大学(こちら)、北里研究所(こちら)、東京大学工学部(こちら)よりプレスリリースされました。日本経済新聞電子版(こちら)でも紹介されました。

2021年7月20日

2021年7月20日、田中賢(A03-2計画研究・研究代表者, 九州大学)が日本バイオマテリアル学会より日本バイオマテリアル学会賞(科学)を受賞しました。

2021年7月15日

東京化学同人「現代化学」誌8月号に「分子シミュレーションで新たな水圏機能材料を生み出す」と題して、研究内容の記事広告を掲載しました。(p.48-49)

2021年7月8日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第6号が発行になりました。

2021年6月15日

東京化学同人「現代化学」誌7月号に「水分子に着目して生体適合性材料をデザインする」と題して、研究内容の記事広告を掲載しました。(p.34-35)

2021年5月15日

東京化学同人「現代化学」誌6月号に『材料表面の水の形と動きをさまざまな「目」で見る』と題して、研究内容の記事広告を掲載しました。(p.52-53)

2021年4月29日

2021年4月29日、本領域代表の加藤隆史(東京大学、A01計画研究・研究代表者)が2021年春の褒章にて紫綬褒章を受章しました。(表彰機関:内閣府)
本褒章は科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた方に授与されます。

2021年4月26日

2021年4月6日、桶葭興資(A03公募研究・研究代表者, 北陸先端科学技術大学院大学)が令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞いたしました(表彰機関:文部科学省)。若手科学者賞は研究,独創的視点に立った研究者,高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の研究者を対象として送られる賞です。文部科学省による正式な報道発表はこちらから読めます。

2021年4月19日

2021年4月9日、宮田隆志(A03公募研究・研究代表者、関西大学)の成果が、英国の国際学術誌「NPG Asia Materials」にオンライン掲載されました(DOI: 10.1038/s41427-021-00302-2)。また、研究イメージ画像が同誌ホームページのトップページを飾りました。関西大学(こちら)よりプレスリリースされました。

2021年4月15日

東京化学同人「現代化学」誌5月号に「水の基礎科学と材料の科学を融合して新しい学問をつくろう」と題して、研究内容の記事広告を掲載しました。(p.46-47)

2021年4月29日

2021年2月19日, 加藤隆史(領域代表,A01計画研究・研究代表者,東京大学)が公益社団法人高分子学会より2020年度高分子科学功績賞を受賞しました。

2021年4月10日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第5号が発行になりました。

2021年4月1日

2021年4月1日、菱田 真史(A02計画研究・研究分担者,筑波大学)が日本油化学会より第20回オレオサイエンス賞を受賞しました。

 2020年度 

2021年1月25日

辻勇人(A01計画研究・研究代表者、神奈川大学)が日本化学会の第38回学術賞を、中村貴志(A01公募研究・研究代表者、筑波大学)が日本化学会の第70回進歩賞をそれぞれ受賞することが決定いたしました。

2021年1月18日

第1回産学連携フォーラムが2021年2月5日(金)にオンライン開催されます。

オンライン聴講に当たりましては参加登録が必要になります。

プログラムおよび参加申登録に関しては(詳しくはこちら)をご確認ください。

2020年11月14日

2020年10月20日、加藤隆史(領域代表,A01計画研究・研究代表者,東京大学)および原田慈久(A02計画研究・研究代表者,東京大学)の水処理膜の放射光分光に関する共同研究の成果が、ドイツの国際学術誌「Angewandte Chemie International Edition」にオンライン掲載されました。

東京大学工学部(こちら)、東京大学物性研究所(こちら)よりプレスリリースされました。日本経済新聞電子版(こちら)でも紹介されました。また、11月10日付でNature Reviews Chemistry誌にResearch Highlightとして取り上げられました。

2020年10月29日

2020年9月23日、田中 求(A03計画研究・研究代表者、京都大学・ハイデルベルク大学)、高島義徳(A03計画研究・研究代表者、大阪大学)、中畑雅樹(A03計画研究・研究分担者、大阪大学)とカールスルーエ工科大学との国際共同研究の成果が、米国の国際学術誌「Science Advances」にオンライン掲載されました(DOI:10.1126/sciadv.abc2648)。カールスルーエ工科大学(こちら)よりプレスリリースされました。京都大学(こちら)のHPでも紹介されました。

2020年10月19日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第4号が発行になりました。

2020年8月24日

第10回CSJ化学フェスタ2020(公益社団法人日本化学会主催)が2020年10月20日(火)~22日(木)の会期にてオンライン開催されます。本領域では、下記の公開企画を開催致します。
10月21日(午前)と22日(午前)
「文科省科研費新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」特別企画:水に調和して機能を発揮する材料をつくる」(詳しくはこちら
10月21日(午後)
「花王&新学術領域研究「水圏機能材料」特別企画:感染症と向き合う社会における化学」(詳しくはこちら

オンライン聴講に当たりましては参加登録が必要になります。詳しくは、第10回CSJ化学フェスタ2020のホームページの参加登録サイト(詳しくはこちら)をご確認ください。

2020年8月13日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第3号が発行になりました。

2020年6月6日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第2号が発行になりました。

2020年5月7日

2020年6月15日に予定されていた水圏機能材料第1回公開シンポジウムは新型コロナウイルス対応のため、中止となりました。

2020年5月1日

令和2年―3年に参画する公募研究(37件)を掲載しました。

2020年5月1日

ニュースレター(Aquatic Functional Materials News)第一号が発行になりました。

2020年4月8日

2020年4月7日、武田洋平(A01計画研究・研究分担者,大阪大学)」が令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞いたしました(表彰機関:文部科学省)。若手科学者賞は研究,独創的視点に立った研究者,高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の研究者を対象として送られる賞です。文部科学省による正式な報道発表は こちら から読めます。

2020年4月1日

2020年4月1日付で相良剛光,(A03公募研究・研究代表者,東京工業大学)が准教授に昇進しました.

2020年4月1日

2020年4月1日付で渡辺豪(A02計画研究・研究分担者,北里大学)が講師に昇進しました.

   


 2019年度 

2020年2月17日

2020年6月15日(月)に水圏機能材料第1回公開シンポジウムを大阪大学大学会館講堂にて開催いたします。

(世話人:高島義徳、A03研究代表者)

(主催:新学術領域「水圏機能材料」・総括班)。

2020年1月6日

2019年10月25日,日本経済新聞電子版に「東大が液晶から高精度な水処理膜 均一な穴で用途拡大」と題して,加藤隆史(領域代表,A01計画研究・研究代表者,東京大学)などが開発したナノ液晶高分子を用いた水処理膜を紹介する記事が掲載されました。こちらから記事を読めます。

2020年1月2日

2020年1月7日(火)に鶴田禎二先生のご生誕100周年を記念して、バイオ界面における水分子の役割の解明と材料設計指針の創成に関する研究会を九州大学伊都キャンパス稲盛ホール にて開催いたします(世話人、田中 賢、A03研究代表者)(後援 水圏機能材料、総括班)。詳細はこちら

2019年12月14日

水圏機能材料第1回若手スクールを2019/11/12-13日の2日間にかけて、兵庫県立大学 情報科学キャンパスおよびSPring-8にて開催しました。 本領域の様々な研究分野から学生30名、若手を中心とした研究者15名の計45名が参加し、異分野の学生と研究者間の交流が活発に行われました。(スクールの様子​

2019年9月17日

2019年9月14日に行われました文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「水圏機能材料」の公開キックオフミーティングおよび公募研究説明会は、100名以上の参加をいただき無事に終了しました。(会議の様子

公募研究用研究概要はこちら

2019年8月13日

文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(令和元~5年度)
領域略称「水圏機能材料」の公開キックオフミーティングおよび公募研究説明会を2019年9月14日に開催いたします。 詳細およびお申込みはこちら

2019年8月13日

文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(令和元~5年度)
領域略称「水圏機能材料」のサイトをアップしました。

2019年6月28日

文部科学省科学研究費新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成」(領域略称:水圏機能材料、領域代表:加藤隆史 領域番号:6104 期間
:令和元年~5年度)を開始しました。